上手な歯の磨き方ガイド ~口臭を防ぐ上手な磨き方~ メインビジュアル画像

歯ブラシの重要性

歯磨き時に歯ブラシはとっても重要

歯ブラシは歯の汚れ歯垢を取ってくれる万能選手。

歯ブラシ以外にもオーラルケア用品は数々ありますが、歯ブラシのようにオールマイティに活躍してくれるデンタル製品はありません。

歯ブラシの上手な使い方を学んでより効果的に歯磨きをするようにしましょう。
歯にこびりつく歯垢は虫歯の原因。白濁した粘液質の固まりは食べ物の残りかす、と思われがちですが実はまったく別物の細菌の塊です

通常は唾液などで流されることが多いのですが、歯の間など唾液の通りにくいところ、また唾液が少ない睡眠時間帯などには発生しやすいのが特徴です。

 

唾液の現象などで口腔内に糖分ができることによって酸性に傾き、ミネラルが溶け出しやすい状態となります。

また歯に食べ残しがついている場合も同様に酸性に傾く結果となりその際に歯垢が悪さをして歯の表面を溶かすことになります。

残念ながら粘液性の歯垢はうがいなどでは取れずにいつまでも歯にこびりつくことに。。。そこで歯ブラシが活躍します。

効果的なブラッシング方法

柄にブラシがついたごく単純な歯ブラシの形はいろいろと口腔内で活躍します。

かつてはローリング法というブラシ部分を歯茎に当て手首を回転させるような歯ブラシ方法が推奨されましたが

今はバス法というブラシ部分を歯にあて小刻みに横に動かしながら一本づつ磨いていく方法が一般的です。

 

また、歯の間など歯ブラシの幅が入りづらいところは縦に使って掃除するのも容易でしょう。

また歯の間には痛みが無い場合はブラシの数本を差し入れるようにブラッシングする方法も効果的です。

歯ブラシ方法はそれぞれ長所短所がありますので歯の位置や歯並びと相談しながら一本づつきれいにできるとよいですね。